初心者の方向き!YOUTUBE広告のいろんな種類を解説

この記事は2分で読めます

今回はYOUTUBEの広告種類を解説します。

YOUTUBEアフィリエイトとは、YOUTBEを使って広告収入を得るというビジネスモデルです、

それでは一体どんな種類の広告あるのでしょうか?

◆YOUTUBE広告の種類

下記サイトで確認して見て下さいね。

>>https://support.google.com/youtube/answer/2467968?hl=ja

こちらでも簡単に解説していきますね。

・ディスプレイ広告
・オーバーレイ広告
・スキップ可能な動画広告
・スキップ不可の動画広告、長いスキップ不可の動画広告
・バンパー広告
・スポンサー カード

この様なタイプの広告があり、これらをクリックなど条件を満たすことで報酬となってきます。

◆ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、動画の視聴した時に、右上の表示されている広告のことです。

これをクリックすると動画作成者に広告収入が入ってきます。

それとディスプレイ広告はPCの広告となります。携帯では表示されません。

◆オーバーレイ広告

オーバーレイ広告は、動画の再生中に上記のような広告が表示されている広告です。

こちらをクリックすると、動画作成者に広告収入が支払われます。
この広告も、PCの広告となります。携帯では表示されません。

◆スキップ可能な動画広告

YOUTUBEを一度は見た方なら、見かけたことあると思いますが、

動画の前にこの様な動画広告がまず最初に流れる広告となります。

5秒後からスキップできますが、この動画広告を30秒以上視聴

または全部視聴する事で、広告収入となります。

スマホ・PCなど全媒体で広告が表示され広告収入となります。

◆スキップ不可の動画広告、長いスキップ不可の動画広告

スキップ不可の動画広告は、最後まで見ないと動画を視聴することがでない広告です。

長いスキップ不可の動画広告は最長およそ 30 秒です。

動画本編の前後または途中に表示できます。

こちらは飛ばすことのできない動画なので視聴だけで広告収入になります。

スマホ・PCなどで広告が表示され広告収入となります。

◆バンパー広告

こちらの広告も最後まで見ないと動画を視聴することができません。

最長 6 秒のスキップ不可の動画広告となります。

この動画広告を30秒以上視聴、または全部視聴する事で、広告収入となります。

スマホ・PCなどで広告が表示され広告収入となります。

◆スポンサー カード

スポンサー カードには、動画に登場する商品など、動画に関連するコンテンツを掲載できます。

視聴者にカードのティーザーが数秒間表示されます。

視聴者は動画の右上のアイコンをクリックして、カードを閲覧することもできます。

スマホ・PCなどで広告が表示され広告収入となります。
◆それではどの広告がお勧め?

攻めるジャンルによって使い分ける事が大事だとかんがえます。

でも初心者の方は気にしなくてもいいです。

動画が視聴されれば、それぞれの動画で広告が表示されますので

あまり深く考えずにサクッと覚える程度で構わないです。

それよりも手を止めずに動画を何本かアップする事をお勧めいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。