初心者の方向き!ユーチューブでのGoogleAdSense(グーグルアドセンス)の収益を確認

この記事は3分で読めます

初心者の方向き!ユーチューブでのGoogleAdSense(グーグルアドセンス)の収益を確認

今日は、ユーチューブでのGoogleAdSenseの収益を確認する方法について説明していきます。

まず最初にGoogleAdSense(グーグルアドセンス)にログインして下さい。

Google AdSense

GoogleAdSense(グーグルアドセンス)の画面にログインします。

左の部分のパフォーマンスレポートをクリックして下さい。

すると下記画面になります。

上記の画面でに切り替わりましたらパフォーマンスレポートをクリックします。

すると上記画面のようになるのでフィルタをクリックしてプロダクトをクリックします。
ホストされているコンテンツ向けAdSenseをチェックを入れ、適用をクリックします。

右隅の方にこの様な画面がになり見たい日付を入力して収益チェックを行います。

レポートタイプの所を見ると、「再生回数」「概要」「クリック」」と記載された項目がありますので、
見たいタイプを選択してクリックを選択して下さい。

そしてさらにGoogleAdSense(グーグルアドセンス)は、分析などでもわかやすい形に表示されていますので
これからどのようにしてみていけばいいのかを説明していきます。
◆表示回数 GoogleAdSense(グーグルアドセンス)

表示回数は、広告の表示回数の事です。
動画の再生数やチャンネルのパワーが増えれば当然広告の表示回数も増えていきます。
◆クリック数 GoogleAdSense(グーグルアドセンス)

クリック数は、広告表示の回数に対して何度クリックされたかという数になります。

当然と言えば当然ですが、広告は表示されたとしても広告のクリック至らないようであれば、
報酬にならないので、クリックされた数字はユーチューブを実践していてとても重要なんです。
◆クリック率 GoogleAdSense(グーグルアドセンス)

広告表示された回数に対しての何度クリックされているかを見る値となります。

ジャンルや動画の内容にもよりますが、クリック率は3%前後を目指していきたいです。

クリック率が3%前後を下回るのであれば、動画の内容があまり好ましくない傾向となります。
内容が適していない=動画を視聴してもらえていない=広告のクリックが悪いこんな感じをイメージ
してもらえればいいのではないでしょうか?

◆合計収益 GoogleAdSense(グーグルアドセンス)

合計収益は、こちらは実践しているユーチューブチャンネルでの収益の合計を表します。

その日の売上や売り上げ期間を設定する事でも売上色んな方法で確認する事ができます。

日々の売り上げチェックは忘れないように行いましょう。

収益が上がってくれば毎日が今以上にハッピーになれる事は間違いないので自ずと見ると思いますけど・・

◆CPC GoogleAdSense(グーグルアドセンス)

CPCは、広告1クリックに対するアドセンス広告単価です。

ジャンルによってそれぞれなんですが、2~4円くらいになると思います。

1~2円くらいだと動画の内容が悪いと判断して下さい。

こんな時はもう一度ご自身の動画を改めて検証する事が必要です。

*10分以上の動画を作成している時は広告が好きなように入れる事が出来るのでその場合は別となります。

インプレッション収益 GoogleAdSense(グーグルアドセンス)

インプレッション収益は、動画再生数1000回に対する平均金額です。

150~200円以上取れているような感じであれば問題ないでしょう。

動画のジャンルなどによっては、300円・500円とかになったりするので、
広告のクリック率と広告の単価が良ければ必然とこの数値は上昇しますし動画の質もいいと判断できます。

◆◆まとめ GoogleAdSense(グーグルアドセンス)◆◆

以上の注意するべき点をしっかり頭に入れておくことで収益は自ずと上がってくることは間違いないでしょう。

広告単価や内容は月によっても変動していきます。

1年を通して3月は、年間でも一番広告が良い月で、企業も3月に広告費をばら撒く時期なんです。

多分決算の所が多いのでしょうね。

なので3月は通常月と比べても、1.5~2倍くらいになったりもしますが現状はそこまで上がらないような感じです。

しかしながら年間での平均なので、インプレッション収益はやはり最低でも150円は取って行くような感じで

ユーチューブチャンネル動画を作成していき手を止めない様に継続していく事が重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。